タイトル画像

狩人の星座

2017.01.20(08:37) 2820

真冬の夜空に君臨する、超有名な星座がある。


狩人、オリオン。

お供の猟犬を引き連れ、

都会の空でも、一目でわかるその姿は

赤く燃える主星、ベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキシオンで

冬の大三角形を形成しているのだ。


残念ながら、あたしの機材では(腕だろっ)

オリオン座は撮れないので、NASAのサイトにご案内~~~♪


こっちこっち


地上では、大寒に合わせて、ジャックフロストの洗礼。


1月19日霜柱

氷や雪って、日陰だとどうして青く見えるんだろうね?


1月19日ブルーデージー

ブルーデージー。


1月19日チコリ

チコリ。


1月19日アネモネ

アネモネ。紫だけどっ♪(贔屓の花)



そうそう。

オリオンの話ね。

ギリシャ神話に登場する、英雄で大男の美男子(らしい)。


ところが。

彼はかなりの乱暴者で、好きになった王女さまや女神さんを

無理矢理、自分のモノにしちゃう、悪癖があったとさ。


そんなある日。

狩りの女神、アルテミスと恋に落ちるんだな。

しかーし。彼女の双子の兄貴、アポローンは面白くない。

そりゃそうだ。

大事な妹が、乱暴者の半神

(オリオンのおとーちゃんは海神ポセイドン)

なんかと付き合うだなんて、ましてや、純潔を司る女神に恋は許されないとして

二人の仲を認めなかったんだな。


だけども、恋は盲目。

にーちゃんの意見なんざ知ったこっちゃない、の彼女は聞き入れず。


困ったアポローン、オリオンの元にでっかい毒サソリを送り込む。

驚いたオリオンは、海の中に逃げ込んで頭だけ出して歩くわけ。

で。

アポローンは、弓の達人でもあった妹に、

「遠くに光るアレ、さすがに射抜くことできないでしょ」 とたきつけるワケだ。


事情を知らない彼女、あまりにも遠くだったため、それがオリオンと認識できず、

そんなこたぁないわ。とばかりに兄貴の挑発に乗ってしまうんだな・・・


結果は・・・

なんまいだぶ。


あんまり可哀想に思った、アルテミスのおとーちゃん、ゼウスは

彼女の望みを聞き入れ、オリオンを空に上げましたとさ。


因みに、オリオンは夏になるとサソリを恐れて、とっとと逃げ去るらしいよ。

だから、夏には見えないのねぇw


ウンチクが長くなりました。


最後は、大寒の中咲く、健気な白梅で。


1月19日白梅2

1月19日白梅3



ようやく、目の調子がよくなってきました。

お見舞いコメントくださったみなさま、ありがとございましたっ(≧▽≦)



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

盛りだくさんの金曜日でした~。

因みに、オリオンの猟犬、おおいぬ座のシリウスは

太陽を除く、地球から見えるもっとも明るい星なんだよ~ん☆

オリオン座を見つける印にもなってるので

明日の夜にでも探してみれば?


ぽちり~ん☆
スポンサーサイト

続はじけ猫の花とワインのある生活



季節の一こま トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<PICARD | ホームへ | 蝋梅>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する