タイトル画像

かはひらこ

2016.09.27(09:10) 2705

・・・って、なぁ~んだ?


かつて、大和言葉でこう呼ばれていた、蝶々のこと。


ハエ、ハチ、バッタ、トンボ、セミなどの多くの昆虫の日本語は

大和言葉(固有語)であるのに対し、

チョウ(蝶)やガ(蛾)は、漢語なんですってよ、奥様!!


雅やかな、かはひらこ。という名称は、今では一般的じゃないらしい。


9月23日美蝶々2

ツマグロヒョウモンかな。

外側の紫色が綺麗♪


9月23日美蝶々4

黒衣の貴婦人、カラスアゲハ。


9月23日美蝶々5

ランタナ デュランタが、霞んじゃう。(ボケてきたかっw)

アカタテハ。


9月23日美蝶々6

千日紅とキチョウ。

鮮やかな対比。


9月23日美蝶々7

こちらも、千日紅食堂で。

人気のスポットであります♪


9月23日鷺

調子ぶっこいて昆虫やってると、キライな人からドン引きされるのだぜぇぇ。


昆虫だって、生き物だもーん!!


そういえば・・・

万葉集には、蝶々を読んだ歌、いっこもないんだって!!

なーぜー???



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

家紋としては、平家の一族が使っていたらしい・・・

蝶々といえど、奥が深いなあ。


ぽちり~ん☆





スポンサーサイト

続はじけ猫の花とワインのある生活



季節の一こま トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<蟄虫培戸 | ホームへ | 秋近し・・・>>
コメント
自然をめでるというのはたぶん、自然を支配下に置いてからの風習かもしれません v-281
【2016/09/28 09:21】 | ゲンタくんのパパ #- | [edit]
廃れてゆく大和言葉。
最近、言葉の乱れが指摘されているけれど
(「ら」抜き言葉とか・・・)
大和言葉など紐解くと、日本語の美しさを改めて感じさせられる
今日この頃・・・
もったいない!!
【2016/09/29 08:44】 | はじけ猫 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する