タイトル画像

星に願いを。

2015.07.07(09:36) 2480

本日、二十四節気のひとつ、「小暑」 なんですがね、

どっちかと言うと、世間的には、


七夕


のほうが有名でしょ。


七夕は、五大節句のひとつで、江戸幕府が公式な行事として定めたんだよ~。

その五つとは・・・


・人日(じんじつ)の節句 : 1月7日。七草の節句。ご存知、七草粥を頂く日。

・上巳(じょうし)の節句 : 3月3日。桃の節句。ひな祭り。

・端午(たんご)の節句 : 5月5日。菖蒲の節句。

・七夕(しちせき)の節句 : 7月7日。裁縫の腕があがりますように。とお願いする日。

・重陽(ちょうよう)の節句 : 9月9日。菊の節句。


で、七夕。

もともと、中国の行事だったものが、奈良時代に伝わってきて

日本古来からあった、棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合体したもよう。

詳細は、過去でもウンチクたれてるので今日は割愛www


7月6日ペンタス

星に願いを託すのは、古今東西、いたるところで。


7月6日カルガモ

日本での神事は、「夜明けの晩」、午前1時ごろに執り行われるんですって。

あ・・・寝てたw


7月6日ケシアザミ2

この時間帯には、天頂に主な星が集い、

運がよけりゃ、天の川、牽牛(ひこ星、アルタイル)、織姫(ヴェガ)が見られるんだって。

あ・・・東京じゃ無理かぁ。


7月6日きいろ

もっとも、梅雨の真っただ中なんだから、

都会じゃなくても、無理っちゃ、無理。

旧暦の行事を無理くりもってきて失敗したいい例だなっ(-`ω´)


7月6日柏葉紫陽花

短冊ってのは、日本独自の風習みたい。

夏越の大祓に設置される、茅の輪の両脇に立てる笹竹に因んで

江戸時代に始まったらしい・・・

短冊って、そもそも、人に見られないようにこっそり書くのがお作法だったようだ。


7月6日葡萄

神社で神様に願い事する際も、もにょもにょ、心の中で唱えるもんねぇw


あなたは、星に何をお願いしますか~?



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

世界中の猫さまが、幸せに暮らせますように。でしょ♪ (Φ∀Φ)ニャー

ぽちり~ん☆



スポンサーサイト

続はじけ猫の花とワインのある生活



歳時記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<教えて、エライ人 | ホームへ | 雨の止み間に。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する