2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
雨の日・後編
- 2015/06/26(Fri) -
遠い、印度から

はるばる、旅に出る。


西の風に流され、大いなる地球の背骨、ヒマラヤを越え、

湿り気を帯びた雲たちの辿り着く先は

緑に覆われた、島国・・・


そう。

この時期、梅雨とニッポンで呼ばれる元は、印度。

梅雨、という言葉も、中国から伝わったと聞く。

(ちょうど、梅の実が生る時期だからね)


地球の森羅万象は、繋がっているのだ。


地球はひとつっ!! 地球はひっとっつっ!!(←知ってる人は知っているw)


6月23日雨の日2

雨の呼び方も、いろいろ。


6月23日薔薇4

春の終わりごろに、しとしと降るのは、ご存知 「春雨」 だし、

初夏、卯の花を腐らせるほど続く長雨を 「卯の花腐し」 という。


6月23日雨の日ガクアジサイ

夏に降る、ゲリラ豪雨も、最近の呼び名だけれども・・・

「分龍雨(ぶんりゅうう)」 というほうが、情緒はあるよねぇ。

(龍の身体を二分するほどの激しい雨の意味らしい)


6月23日雨の日あじさい

龍といえば、雷を想像するなあ。

「神立(かんだち)」 は、もともと、雷の意味だったんだけれども、

次第に、雷を伴う雨、雷雨を指すようになったんだって。


6月23日雨の日9

一方。

夏の日照りのあとに降る雨は、「喜雨(きう)」。文字通り、恵みの雨だね。


6月23日雨の日8

秋の終わりごろにザーッとふる雨は、「時雨(しぐれ)」。


6月23日雨の日7

晴れているのに、雨が降る現象は、「天泣(てんきゅう)」。

狐の嫁入り、のほうがメジャーかも。



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

雨は、大地に恵みをもたらしてくれる反面、災害にもつながることも・・・

九州、とくに鹿児島は異常な降水量。

避難は素早く。十分、お気を付けください!!


ぽちり~ん☆










スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の一こま | CM(2) | ▲ top
<<紫陽花いろの溜め息 | メイン | 雨の日・前編>>
コメント
- No title -

なるほど、梅雨は印度伝来ですか。ちょっと使い方違うかw 山梨には印伝と言う鹿皮を使った伝統工芸品がありますけど(閑話休題) でも季節、天候を表現したり例える言葉って日本語が一番じゃないかなあ
2015/06/26 22:27  | URL | bym03432 #-[ 編集] |  ▲ top

- 日本語 -

いろんな意味で、奥深い。
そして、言葉そのものに情緒があるよねぇ。
雨の表現にしても、驟雨とか、小糠雨とか、まだまだありそう。
カタカナ横文字もカッコイイかもしれないけれど、
漢字のもつ美しさ、再確認したいよね(Φ∀Φ)b
2015/06/28 06:31  | URL | はじけ猫 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |