タイトル画像

梅花馥郁

2015.03.13(08:57) 2363

フフフ…また、漢字だよw

『 ばいかふくいく 』 と読むのだよ~。


早春の香り、梅。

その香りを、馥郁たる、と形容する日本語の美しさ。

心の琴線に触れるのは、先人たちもそうであったように

出しゃばらない、楚々とした控えめな花を愛でるという

遺伝子が働いているのかもね?


3月12日梅源平咲き3

万葉集の時代には、白梅がもてはやされたそうだけど、

平安時代になると、より華やかな紅梅が好まれたそうで。


3月12日梅源平咲き2

これは、紅白同時に花をつける、源平咲き。という種類。


3月12日梅源平咲き5

一気に、両方楽しめます♪


3月12日梅源平咲き6

どこの業界にも、私が、俺が。

って出しゃばりたがる輩はいるもんだ。


3月12日梅源平咲き4

時として、主張も必要なシーンはあるものの・・・

あんまり、自己顕示欲が強いってのも、ねぇ・・・www


3月12日梅源平咲き

梅の花言葉のひとつに、「 気品 」 ってのがあります。

そこはかとなく漂う、品の良さを失っちゃあ、

どんなによいアイデアも、魅力半減なのさっ!!(-`ω´)



春もやや けしきととのふ 月と梅 by 松尾芭蕉



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

出る杭は打たれる・・・

ぽちり~ん☆
スポンサーサイト

続はじけ猫の花とワインのある生活



花の写真 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヒヤシンス | ホームへ | どこかで、春が・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する